今年のウヅキはいつまで続く?

二兎|二兎追うものしか二兎を得ず

日本酒二兎この日本酒「二兎」のコンセプトは、「二兎追うものしか二兎を得ず」である。日本酒は、酒類の中で最も複雑な味わいを持つとも言えるが、その日本酒づくりには、狭量に陥らない幅広い視野が必要となる。
「二兎」は、相反する要素が複雑に絡み合い、絶妙のバランスの上に成り立っている。たとえばその旨み。旨みの勝った日本酒は、その酸味が抑えられてしまうものであるが、この日本酒は、口に含んだ時間の中で、旨味が酸味に変わりまた旨味へと変わりゆく面白みがある。
先日、二兎の丸石醸造では「純米大吟醸 雄町三十三 うすにごり生」の販売を開始した。二兎はまだ新しいブランドで、その責任者も、若さに溢れたパワフルな人物だと聞く。日本酒二兎それゆえか、新しい酒にはいつも、新鮮な驚きがついてくる。

さて、休みも中盤となったこの日。四合瓶を冷蔵庫から取り出し、透明なグラスに霞がかった液体を注ぎ込む。それは白兎を想わせ、晴れた空によく映える。
今日は、卯月に入って十一日目。今年は卯月がふたつある。つまり、閏四月のある年で、陰暦五月となるのは6月21日。二つめの兎を手に入れるのに、気が引けることもない有難さ。。。

散るものは散て気楽な卯月哉 正岡子規

▶ 二兎

日本一の人気酒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA