低アルコール酒を準備すべし!

残草蓬莱|低アルコール酒の草分け

低アルコール酒の残草蓬莱高濃度の酒は、消毒用に転用することが認められた。低濃度の酒では胃腸を消毒することもできないが、細胞を活性化し、元気を持続する効果がある。
その低アルコール酒(日本酒)の草分けとして知られるのが、神奈川の大矢孝酒造が醸す残草蓬莱である。残草蓬莱は「ざるそうほうらい」と読み、蔵の在所である「残草」を蓬莱に見立ててネーミングされている。

その残草蓬莱シリーズの中でも、特に人気の高い「Queeen」が、毎年この時期に顔を出す。これは、アルコール度が12度であることから、12番目のカード、則ちトランプのクイーンになぞらえている。
口に含めば、発泡感が心地よく、果実を口に含んだような爽やかさを覚える。昼からスイスイといっても、罪悪感を感じることのない軽やかな酒である。

この酒を手に取る時連想するのは、豊穣を占う神事だったとも言われる草摘み。摘み取った草を天ぷらにして、桃源郷を匂わせる瓶を傾けると、こんな俳句が頭を過る。

指先の傷やきのふの蓬摘み 能村登四郎

傷ならば、必ず癒えるものである。痛みの日々も思い出になる…

▶ 残草蓬莱

日本一の人気酒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA