獺祭|子規の薫陶を受けた酒

獺祭 純米大吟醸三割九分

日本一の人気酒「獺祭三割九分から」と言われるように、獺祭の入門版とも言える、味と香りのバランスのいい純米大吟醸。精米歩合39%。個人的には、中道とも言えるコレが、一番のおすすめ。

▶ 獺祭 純米大吟醸三割九分 楽天市場で検索

日本一の人気酒となった獺祭のヒミツ!

獺祭(だっさい)山口県岩国市 旭酒造株式会社

今や、日本酒の括りから飛び出して、「獺祭」という分類があるかのような雰囲気。世界的に知られる超人気酒となった獺祭は、正岡子規の別号・獺祭書屋主人に因んで名づけられた日本酒である。というのも、現会長が子規の故郷松山で学び、子規に薫陶を受けたことによる。俳句で飲む日本酒
子規のように、変革と革新の中からより優れた日本酒を創り出そうとの思いが込められた日本酒は、1990年に登場するや、フルーティーな旨味が若者や女性にも評判となり、倒産の危機に瀕していた小さな酒造を、年間100億円超の売り上げを誇る、日本一の吟醸酒蔵に押し上げたのである。
それにしても、日本酒業界における獺祭のインパクトは、相当なものがあった。杜氏制の廃止、年間を通して日本酒造りを行う四季醸造の実施、遠心分離機の活用などなど…
その獺祭のラインナップは、精米歩合の違いによって大きく4種類に分けられる。より磨きがかかったものから順に、贈答用に便利な「獺祭 磨きその先へ」、フラッグシップの「獺祭 純米大吟醸二割三分」、入門編の「獺祭 純米大吟醸三割九分」、「純米大吟醸50」を改良した新しい定番「獺祭 純米大吟醸45」である。この他にもスパークリングなどがあり、こちらも人気となっているが、おすすめは三割九分。「獺祭 45 39 23 どれが美味しい」との質問もよく受けるが、「獺祭三割九分から」と言われるように、味と香りのバランスが抜群である、三割九分から飲み始めると良い。
この日本酒で喉を潤せば、あたかも子規の「俳諧大要」を読むかのように初心に戻り、いろいろなことに思いを巡らせることが出来るだろう。

▶ 獺祭全商品検索

獺祭 磨き その先へ

日本一の人気酒2013年11月に発売された、獺祭の最高ランクに位置付けられる純米大吟醸酒の決定版。2014年のオバマ大統領来日時にプレゼントされ、翌年、オバマ大統領主催公式晩餐会の乾杯酒になった。

▶ 獺祭 磨き その先へ 楽天市場で検索

獺祭 純米大吟醸二割三分

日本一の人気酒1992年、当時最高の精米歩合23%でデビュー。獺祭独特の華やかでフルーティーな上立ち香と蜂蜜のような甘みを実現し、獺祭人気に火をつけた。現在でも獺祭のフラッグシップモデル。

▶ 獺祭 純米大吟醸二割三分 楽天市場で検索

獺祭 純米大吟醸45

日本一の人気酒獺祭発売当初からの人気ラインナップ「純米大吟醸50」を、2019年4月に刷新。廉価版ではあるものの、精米歩合を45%まで引き上げたことによって、よりシャープに。獺祭のスタンダードモデル。

▶ 獺祭 純米大吟醸45 楽天市場で検索

獺祭 スパークリング

日本一の人気酒獺祭人気の浸透に一役買った獺祭のスパークリング。瓶内二次発酵の本格的な発泡性日本酒。「純米大吟醸50」の刷新とともに、こちらも精米歩合は45%にアップ。

▶ 獺祭 スパークリング 楽天市場で検索

 日本酒探訪|飲むならこの酒